米国内での長時間滑走路遅延時の非常事態対処計画

フライトの発着に関しては、厳しい天候条件を含む予期せぬ出来事やその他の制約によって、長期にわたる滑走路遅延が起こることがあります。カタール航空では、そのような遅延へのお客様への対応水準をしっかりと高く保っております。発着時に米国の空港で長時間の滑走路遅延がある場合、カタール航空は米国運輸省(DOT)が発布する長時間の滑走路遅延に関わる必要事項に準じている対策案を講じます。

長時間の滑走路遅延は以下の状況の際に起きます。

  • フライト出発時 ― 乗客が機体に全員搭乗しており、米国の空港を離陸しようとする時にフライトの出発前に遅延が生じる
  • フライト到着時 ― フライトが米国の空港に着陸し、空港ゲートに到着する時に遅延が生じる

 

I. アメリカの空港での滑走路遅延の際の航空会社の対応

a) 適用される時間制限に関してのコンプライアンス

アメリカに発着する国際線に関しては、カタール航空は滑走路に機体が4時間以上留まることを許可されていません。4時間の制限時間になる前に、機体はゲートもしくは他の適宜搭乗口に戻り、乗客は機体から出ることが以下の場合でない限り許されます。

 1. 乗務中の操縦士が、機体が乗客を機体から出すために滑走路から現在の位置を離れることができない理由は、安全関連もしくは保安関連であると決断する場合

2. ゲートもしくはその他の搭乗口に戻ると空港業務に著しく影響を及ぼしかねないと管制塔が乗務中の操縦士に通告する場合

b) カスタマーケアの措置

カタール航空は、乗務中の操縦士が安全もしくは保安を脅かしかねないと考慮しない限り、機体がゲートを出てから(出発の場合)、または機体が着陸して(到着の場合)未だに滑走路に留まっている場合、2時間以内に適宜食べ物と水を提供いたします。カタール航空は、長時間の滑走路遅延の間、トイレ施設は通常通り使っていただけるようにいたします。 また、機体が滑走路にいる間、お客様が心地よく過ごしていただけるよう、また医療的に必要なものなどを適宜提供するようにいたします。

c) お客様とのコミュニケーション

カタール航空の乗務員は、以下に関することを30分毎に機内アナウンスにてお客様にお伝えいたします。

 1. 遅延の現況と理由が分かっている場合

2. 降機する可能性が実際にある場合、機体を出る必要があることをお客様にお伝えする

II. リソース

カタール航空は、長時間の滑走路遅延の状況を効果的に扱うために、適宜必要となるリソースが使用可能であることを確認しています。

III. 連携対策

弊社は、お客様によりよくお役に立てるよう、米国の空港と定期的な対策を行う他、米国税関国境警備局 、米国輸送保安局、及び各米国の空港での空港当局と共に非常事態対処計画の対策を手配しています。

トップへスキップ