Loading...
MDD VerticaFare Tracking ID Dynamic Fare Tracking ID Histogram Fare Tracking ID
ALL60431240 ALL54330180 ALL62332760

ブエノスアイレス ブエノスアイレス 晴れ
  • 1.svg
晴れ
出発地
到着地
出発 input background
往復 input background
出発 input background
搭乗者 input background
  • 大人 (12才以上)
    小児 (2~11歳)
    More information
    備考

    乳児お一人につき大人お一人が同伴する必要があります。乳児運賃をお支払いになった場合は、乳児は大人のひざの上にお乗せください。

    乳児 (2歳未満)
    More information
    備考

    乳児お一人につき大人お一人が同伴する必要があります。乳児運賃をお支払いになった場合は、乳児は大人のひざの上にお乗せください。

プロモコード
最低価格保証

カタール航空でブエノスアイレス行きフライトを予約

アルゼンチンの首都、ブエノスアイレスは、人口約3百万人の活気に満ちた都市で、華やかなレストランや現代的な博物館が数多くあります。カタール航空でブエノスアイレス行きフライトを予約し、心を惹きつけてやまない街の魅惑的な楽しさにひたってみませんか?

眠らない街、ブエノスアイレス。魅惑的なナイトライフだけでなく、演劇、バレエ、コンサートを観賞できる機会も豊富です。この街のトレードマークとなっている、さまざまなフェスティバルや文化イベントが年間を通して開催されています。

ブエノスアイレスの魅力

タンゴを存分に楽しめて、ステーキで活力を満たし、サッカーに熱中するバケーションをお求めでしたら、ブエノスアイレスが最適です。

  • 観光アトラクション

    ブエノスアイレスは48の地区(バリオ)に分けられています。これらの各地区には、それぞれ独自の雰囲気が漂い、名所が存在します。サンテルモ(San Telmo)と呼ばれる地区では、ブエノスアイレスの歴史に触れ、植民地時代の壮大な邸宅の昔日に思いを馳せるのも良いでしょう。石畳の道、アンティークショップ、独特の雰囲気が漂うカフェ「バープラザドレーゴ」は、この辺り一帯に古き良き時代へのノスタルジーを醸し出しています。

    ダウンタウンのミクロセントロ地区には、アルゼンチン大統領官邸、カサ・ロサダなど、ブエノスアイレスの旅行中に訪れる価値のある数多くの観光スポットがあります。イタリア移民であり実業家のルイス・バロロ(Luis Barolo)の用命により建造されたバロロ宮殿は、1800年代後期の建物です。このアルゼンチンで有数の高い建物は街を一望し、そのデザインはダンテ作曲の「神曲」から着想を得ていると言われています。ブエノスアイレスの極めて有名な象徴的スポットは、コルドバの白い石で建造された記念碑、オベリスクです。

    ラ・ボカも人気の地区で、アートに対する街の意気込みがありありとうかがえます。近隣には鮮やかに塗装された家屋のほか、アルゼンチンで有名なサッカークラブ、ボカ・ジュニアーズの本拠地があります。アルゼンチンの歴史に関心をもつお客様は、ぜひレコレータ墓地に足をお運びください。この墓地には、エビータの愛称で知られるエバ・ペロンなど、複数の著名人の墓があります。

  • レジャー

    アルゼンチンは、その国民的舞踊、タンゴで広く知られています。ブエノスアイレスでは、ご自身がタンゴを踊るにも、見る者を惹きつける世界一素晴らしいダンスをゆったりと腰を降ろしてご覧になるにも、タンゴを堪能できる場所は豊富にあります。コンフィテリア・イデアルは、タンゴを習うことができる非常に人気の高い場所で、さまざまな映画の中のシーンがここで撮影されています。

    また、アルゼンチンで大人気のサッカーの試合を観戦すれば、国民を熱狂させるスポーツの奥の深さを実感できます。ブエノスアイレスの旅行中に、ヘリコプターツアーに参加したり、飛行機に乗って街のはるか高くからスカイダイビングに挑めば、雄大な景観を目の当たりにできます。もう少し刺激を抑えたアクティビティには、この街に数多くあるゴルフコースやスパがお勧めです。

    カサ・ロサダにある国会議事堂広場は、のんびりと散策するのに最適。ここにある新古典主義で設計された国の歴史的名所、アルゼンチン国会議事堂は緑色のドームが印象的です。

  • グルメ

    アルゼンチンを代表する舞踊といえばタンゴ、そして国民的料理といえばアサード(昔ながらのバーベキュー)です。ステーキ通をうならせて止まない街、ブエノスアイレス。ミクロセントロ、パレルモ、レコレタの至るところにあるレストランの極上の牛肉は一度は食べてみたい料理です。料理は、ポルテーニョ(ブエノスアイレス市民)の社会生活において極めて重要な部分です。ステーキで一日の活力を得て、街のパリージャ(ステーキハウス)にお出かけください。

    アルゼンチンがスペインの植民地であったという過去と19世紀以降イタリア移民が多く流入した事実が、料理を多様で奥深いものに作り上げています。ピザ、パスタ、パエリアは、ジュシーな焼肉と並んでよく供される料理です。

  • ショッピング

    ブエノスアイレスの旅行では、多様なショッピングを楽しめます。フロリダ通り沿いには、ガウチョに由来する革製品や衣類から、タンゴシューズやポンチョまで、アルゼンチンでのバケーションのお土産を購入できる観光客向けショップが軒を連ねています。

    ブエノスアイレスでより地元風情を堪能できるショッピングをお求めのお客様は、パレルモ、サンテルモ、サンフェルナンドで伝統工芸品や職人のマーケットを見てまわるのもお勧めです。

基本情報- ブエノスアイレス

ご旅行前に必要な情報をすべて入手してスムーズなご旅行を

通貨

Icon Currency
トップへスキップ