お子様の南アフリカ出入国に関するポリシー

2015年6月1日から、南アフリカ発着便をご利用のお子様は、出生証明書の謄本* と有効なパスポートの携行が義務付けられます。この規定は国籍を問わず18歳未満のすべての渡航者に適用されます。 

*出生証明書の謄本とは、両親の完全な情報の記載された、公的機関が発行する署名・押印済みの証明書をいいます。英語以外の言語で発行された出生証明書の謄本には認証済みの英訳を添付する必要があります。

詳しくは、 http://www.home-affairs.gov.za/files/Brochures/Immigrationleaflet.pdfをご覧ください。

Image of a logo of a child with both parents

両親同伴のお子様

両親は、出生証明書の謄本と有効なパスポートを携行する必要があります。

Image of a logo of a child with one parent

一方の親のみ同伴のお子様

親は、出生証明書の謄本、有効なパスポート、および子の親または法定後見人としての完全な責任を認める裁判所命令、
または同伴しない親からの子の旅行に同意する宣誓供述書を携行する必要があります。
お子様の出生証明書に登録されているもう一方の親が死亡している場合は、死亡証明書が必要です。

Image of a logo of a child with a guardian

後見人のみ同伴のお子様

後見人は、出生証明書の謄本、有効なパスポート、および裁判所命令またはお子様の両親または法定後見人からのお子様の旅行に同意する宣誓供述書を携行する必要があります。
また、両親または法定後見人のパスポートまたは身分証明書の写しが必要です。
該当する場合は、死亡証明書も必要です。

Image of a logo of a child

同伴者のいないお子様

お子様は、出生証明書の謄本、有効なパスポート、および状況に応じて両親、一方の親、または法定後見人からお子様の旅行に同意する宣誓供述書を携行する必要があります。

また、南アフリカでお子様を受け入れる方の連絡先とパスポートまたは身分証明書の認証済みの写しを含む書類が必要です。さらに、お子様の両親または法定後見人の連絡先も必要です。

ご旅程に遅れが生じないよう渡航前に必要書類をすべてご準備いただきますようお願いします。詳しくは、 南アフリカ共和国内務省のウェブサイトをご覧いただくか、最寄りの南アフリカ共和国大使館または領事館にお問い合わせください。

トップへスキップ