Close

Select your preferred website

  • フライトを 予約する
  • 予約管理
  • オンライン・ チェックイン
  • 発着状況
  • スケジュール 検索

社会プロジェクトと地域社会の支援

当社は企業の社会的責任戦略により、最も支援を必要としている人々に支援をを提供しています。例えば、緊急救援物資の供給、自然災害の被災地でのインフラ再建に対する資金援助、深刻な疾病に関する世界各地での啓発活動などがあります。

特別便で子供たちに笑顔を

Children were given a special treat

普段はなかなか体験できないカタール上空への空の旅に、子供たちを特別に招待しました。

カタール航空とカタール孤児基金「ドレイマ(Dhreima)」は、子どもたちの生活に楽しみや喜びをもたらすことを目的に、共同で取り組みを開始しました。

この取り組みで、5~16歳の子供たち100人を20分間のフライトに招待しました。ほとんどの子は飛行機に乗ったことがなく、ドーハ国際空港で飛行機に搭乗した子供たちは期待と興奮に包まれました。

カタール航空CEOのアクバ・アル・バクルとドレイマのゼネラルディレクター、カレド・カマル氏が機内で子供たちを出迎え、共に特別なフライトを楽しみました。

ドレイマに関する詳細はこちらをご覧ください。 

自閉症の啓発活動

Shafallah Centre for Children with Special Needs

カタール航空はシャファラ児童特別支援センター(Shafallah Centre for Children with Special Needs)と連携し、自閉症に関する啓発活動を世界各地で展開しています。

4月2日の世界自閉症啓発デーにこの病気についての認識を高めるためのキャンペーンが開始され、当社は4月中のすべてのフライトで、公共広告の機内放送を行い、啓発バッジと情報パンフレットを配布しました。

また、シャファラ・センターと共同で、障害者に関する意識を高めるための客室乗務員研修を行っています。

シャファラ・センターに関する詳細はこちらをご覧ください。 

カタール航空社員によるビーチ清掃活動

カタール航空社員によるビーチ清掃活動

9回目を迎えた毎年恒例のカタール緑化清掃国民キャンペーン(National Green and Clean Qatar)の一環で、100人を超えるカタール航空社員がアル・ワクラ・ビーチの清掃活動に参加しました。

このキャンペーンはカタール航空とカタール自治体都市計画省が共同で開催するもので、30袋のゴミが集められました。アル・ワクラ・ビーチはドーハから12キロの場所にあります。

子供脳腫瘍財団を支援

子供脳腫瘍財団を支援

カタール航空は、子供脳腫瘍財団(Children’s Brain Tumour Foundation)によるフリーダイヤルの電話サポートと情報提供の活動に対して資金援助を行ってきました。同財団は、脳腫瘍や脊髄腫瘍の子供たちの治療、生活の質、長期的な成長過程などの改善を目的とした非営利団体で、研究、支援、教育、家族や元患者の権利保護などを実施しています。

発病した子供の親や、発病したにもかかわらず治療や保険を受けられない10代の子供たちに対して、生活に欠かせない物資やサービスを提供する活動に、カタール航空からの寄付金が役立てられています。また、キャンプ・サンシャインの脳腫瘍ウィークなど、家族が束の間の休息を楽しむためのイベントにも使われます。

誰でも親友を求めている

Support to the international Best Buddies program

カタール航空は世界各国で実施されているベスト・バディーズのプログラムを支援しています。これは、知的障害を持つ人々が潜在力をフルに発揮する手助けをするものです。

カタール航空の世界中の社員が余暇を活用して、知的障害を持つ若者が就職に必要な自信と能力を身に付けられるよう支援しています。

当社はまた、就航地域の若者に就職口の紹介も行う予定です。

ベスト・バディーズは影響力のある団体であり、知的障害を持つ子供たちの成長に寄与できることを当社は誇りに思います。

中国の青少年育成に資金拠出

Support to China’s youth development

カタール航空は2008年、中国の四川省で発生した地震の被災者を支援する中国青少年育成基金(China Youth Development Fund)に寄付を行いました。

プロジェクト・ホープと呼ばれる取り組みを通じて、カタール航空は被災地の2つの学校に資金を援助することができました。この資金は、生徒1000人が学ぶ仮校舎と、生徒500人を収容する恒久施設の建設に役立てられました。

このような中国の復興活動、特に中国の未来を担う子供たちに関連する活動に貢献できたことを、私たちは誇りに思います。

リーチアウト・トゥ・アジア

リーチアウト・トゥ・アジア

カタール航空は2008年、カタールで2005年に設立された慈善団体リーチアウト・トゥ・アジア(ROTA)に45万米ドルを寄付しました。

この寄付金は、恵まれない子供たちに質の高い初等教育を提供するなど、アジアでの地域開発プロジェクトに役立てられました。ROTAの主な目標は、無料の初等教育の確保、成人識字率の50%改善、性差別の解消などを2015年までに達成することです。

カタール国内にある外国人コミュニティの60%以上はアジア人で、当社の社員の多くがそれらのコミュニティの出身者であることもあり、カタール航空はこの慈善活動に大きな誇りを持っています。