Close

Select your preferred website

  • フライトを 予約する
  • 予約管理
  • オンライン・ チェックイン
  • 発着状況
  • スケジュール 検索

代替燃料の開発

クリーンな明るい未来へ

Cleaner alternative fuels for commercial flights

カタール航空は、航空機が大気環境に与える影響を抑える環境負荷の低い代替燃料の開発の最前線に立っています。

カタール石油、シェル石油、エアバス社、ロールス・ロイス社、カタール・サイエンス&テクノロジー・パーク、カタール燃料会社と提携。商業運航における代替燃料の利用促進に取り組んでいます。

業界全体における従来型の燃料からの転換を目指し、液化天然ガス(GTL)燃料と灯油を混合して大気環境への負荷を抑えるジェット燃料の共同開発を進めています。

液化天然ガス(GTL)燃料

液化天然ガス(GTL)燃料

GTLジェット燃料は、GTLと従来型のジェット燃料を50%ずつ混合した半合成燃料で、既存の航空機やエンジンを改良せずに使用できます。

この燃料は硫黄と芳香族化合物がほとんど含まれていないため、航空機のエンジンが排出する硫黄酸化物などの汚染物質が減少します。空港周辺の大気環境が改善されるなど、環境へのメリットが期待できます。

GTLジェット燃料は従来型の燃料よりエネルギー濃度が高く、重量も軽くなっています。また、熱的安定性も改善されるため、従来より高温の状態でエンジンを動作させることができます。これにより、航空機と航路の組み合わせによっては、燃料の経済性の向上、航空機の軽量化、航続距離性能の改善、二酸化炭素排出量の削減につながる可能性があります。

航空業界全体で大気環境改善の取り組みを今後行うにあたり、環境負荷の低い燃料の採用は主要なトピックとなるでしょう。

現在、世界最大のGTL生産設備の建設が進められています。さらに、私たちはバイオジェット燃料の利用方法についても研究をしております。